川瀬一絵 写真展
【souvenir/出口と入口/山の力】
​会場:タルマーリー
2017年11月13日(月)~
12月18日(月)

島根出身の川瀬一絵さんが初めて撮影に来てくださったのは、タルマーリーが智頭に移転オープンした年、2015年の秋でした。そのときから私たちは、彼女の写真が大好きになりました。自然な表情が引き出された愛に溢れる彼女の写真は、『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』文庫化に伴うリニューアルでもたくさん掲載させていただいたんですよ。

​そんな一絵さんが、今回の写真展に向けて特別に、タルマーリーが自家採取した糀の写真をフィルムカメラで撮影してくれました!!!この貴重な糀の写真も含め、期間中はタルマーリーのカフェスペース一部屋ごとにテーマの違う写真「souvenir」「出口と入口」「山の力」を展示します。アクリル板にプリントした小さくてかわいいオブジェのような写真は、販売もしますよ。ぜひタルマーリーカフェで、素敵な写真をゆっくりとご堪能ください。

川瀬一絵さんからのメッセージ

レンズをのぞくと、ごはんの上にあかるいみどり色がふわふわとゆれていて、わたしはちょうどその日の朝に立ち寄っていた、鳥取砂丘の風景を思い出していました。
イタルさんは、その丘と小麦粉の山を手早く混ぜ合わせて、あたらしい山をつくりました。

この山の力でタルマーリーのパンはふくらみます。食べたひとの力になるパンです。

川瀬一絵プロフィール:1981年島根県出雲市生まれ。島根大学教育学部、東京綜合写真専門学校卒業。

一絵さんが撮影した写真@タルマーリー
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom